安心して住宅をリフォームするなら、あらゆる点を検討し、業者を選ぶ

家族構成の変化

家族の事情は人それぞれであり、家の部屋割りは家族の数に合わせて設計される。
昔は、日本は開放的な作りになっており、畳やふすまを使って一人一人の部屋を作ってきた。
しかし、西洋風の住宅建設が採用されたことによって、日本の住宅の部屋割り事情は大きく変化した。
頑丈な壁とドアで仕切られることによって、完全なプライベート空間を実現することができるようになったのである。
この部屋の作りは、部屋を一つ一つ区切ることによって、一つの部屋の空調を管理しやすくなることから生み出されたものである。
寒冷な地域の欧米ではこうした家の作りは必要不可欠であった。
日本においても部屋を仕切ることで、エアコンで温めたり、冷やしたりした空気を管理しやすくなった。

しかし、リフォームをするときにはこうした壁を変えることになる。
家族の構成人数が変わったとき、このとき一つの部屋は全く使わないデッドスペースとなる。
物置にするときにはこの部屋はそのままでいいとして、リフォームで他の部屋を広くしたいときはこの部屋の壁を無くせばより広い部屋を実現することができる。
また、あらかじめ家族の構成人数や事情が変わると予想されるときには、設計の段階からリフォームの事を考えて設計するべきといえる。
例えば部屋の作りで仕切りを少なくすれば、リフォームの時に取り払う壁の費用を減らすことができる。
リフォームで部屋を作り直し、かつ将来の部屋作りの事を考えるのであれば、壁部分が動くようにリフォームの設計を行なうこともできる。
このリフォームでは、壁をパテーション風にし、床や天井にレールを敷くことで簡単に壁が動くようにするという施工が一つの案である。